メニュー

岡山の通訳・翻訳サービス
株式会社エフアンドエフ

トップページ

For overseas customers


通訳・翻訳サービス
通訳サービス
翻訳サービス
国際シンポジウム
観光通訳ガイド
サポート
通訳・翻訳について
事例・実績
ご利用料金
よくあるご質問
対応言語
サービスの流れ
会社情報
会社概要
機密保持方針
採用情報
お問い合わせ
コラム
岡山を世界へ
通訳のお仕事

お気軽にお電話、またはメールにてお問い合わせください。
(電話/平日9:00~17:00 土日祝日休み)

メールでお問い合わせ

TEL.086-245-5444

タップすると通話が可能です(通話料がかかります)


翻訳・通訳とは

翻訳と通訳には、ある一つの言語をもう一つの言語に変換する作業を通じ、異なる言語を使用する人同士を繋ぐという共通点があります。同時に、通訳は音声言語を、翻訳は書記言語を変換するという違いがあります。通訳者には話し言葉の表現力が求められ、翻訳者には書き言葉の表現力が求められます。翻訳と通訳にはそれぞれの役割があり、様々な形態があります。

通訳には同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング通訳などの形態があります。又、業務を行う状況により、会議通訳、商談通訳、エスコート通訳、コミュニティー通訳、放送通訳、通訳案内業などに分類することができます。

主な通訳形態

同時通訳

話者の話と並行して訳出を行います。通常、会場に設置されたブース内で通訳し、聴衆はイヤホンを使用して通訳者の音声を聞きます。通訳者の負担が大変大きいため、2~3人の同時通訳者が15分程度の間隔で交代しながら通訳作業を行います。通訳作業を待つ必要がないため、会議、シンポジウムなどがスムーズに進行するという利点があります。

逐次通訳

話者の話を区切り、順次、訳出しを行います。同時通訳の約2倍の時間が必要となりますが、訳の正確性が高くなります。

ウィスパリング通訳

話者の話と並行して訳出を行います。同時通訳のようにブースに入らず、聞き手のそばで小声で通訳します。小規模の会議などで需要の多い通訳形態です。

分野・活動の場面による分類

会議通訳

同時通訳技術を持ち、国際会議、国際シンポジウムなどで通訳を行います。

商談通訳

ビジネス通訳。企業内、商談などで通訳を行います。

エスコート通訳

外国からのアーティスト、スポーツ選手の記者会見、インタビュー、イベントなどで通訳を行います。

コミュニティー通訳

医療、福祉、教育、司法など公共サービスの場で通訳を行います。

放送通訳

外国のニュース、報道番組などの通訳を行います。

通訳案内業

観光地の案内、日本文化の紹介などを行います。

又、翻訳は、実務翻訳、メディア翻訳、出版翻訳などに分類することができます。

実務翻訳

実務翻訳はビジネス翻訳、技術翻訳とも呼ばれ、ビジネスレター、マニュアル、カタログ、特許関連文書、契約書など海外企業とのビジネスを遂行する上で必要となる文書の翻訳を行います。出版、メディア翻訳などを含む「翻訳」の仕事の約8~9割が実務翻訳であるといわれています。

メディア翻訳

新聞、雑誌、CDの歌詞、映画、ビデオ、DVDなどの字幕の翻訳を行います。

出版翻訳

小説、児童文学、学術書、科学技術、政治経済、ライフスタイル等、書籍の翻訳を行います。

※弊社には、ビジネス、特許、法律、医療、IT等、実務翻訳に強い翻訳者が多数在籍しております。